社会保険庁で(汗)庁舎内で現金やキャッシュカード盗む、社会保険庁職員を逮捕

保険というキーワードでの最上位である社会保険庁で検索した結果…この記事が一番って(汗)しっかりして下さい!

社会保険庁の職員が厚生労働省の職員用ロッカーから現金などを盗んだとして、警視庁丸の内署は12日、さいたま市浦和区木崎5、社保庁経理課の小川啓一容疑者(28)を窃盗容疑で逮捕した。

厚労省や社会保険庁などが入る合同庁舎では1〜3月、職員の財布が盗まれるなど同様の被害が十数件相次いでおり、同署で余罪を追及している。

調べによると、小川容疑者は1月24日午後、東京都千代田区霞が関の中央合同庁舎5号館7階の厚労省内で、カギが掛かっていない女性職員(24)のロッカーから、現金3000円やキャッシュカードなどが入った財布を盗んだ疑い。

同日夜、この女性のキャッシュカードを使い、同館地下の現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出そうとして失敗したため、発覚したという。小川容疑者は「借金があった」などと供述している。

社会保険庁では「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。今後、事実関係を確認したうえで厳正に対処するとともに、徹底した綱紀の粛正を図る」としている。読売新聞引用

こういった事件の多くは何か組織的なものの犯行が多いらしいのですが、これから新規保険のお客を逃がしてしまいますよ?

posted by 保険太 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総合保険ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。